ミノキシジルは簡単に服用可能!塗布方法もお手軽!

ミノキシジルは簡単に服用可能!塗布方法もお手軽!

薬を使う時にまず気になるのが、どうやって使用するのか。
薬は使い方次第で症状が良くなったり悪くなったり、時には別の症状を引き起こしてしまうこともあります。
きちんと効果を得るためには、薬の用法用量を守らなければなりません。

塗るミノキシジルと飲むミノキシジル。
それぞれの用法用量はとても簡単です。
どういった方法なのかを確認し、より効果を得るための用法も知って使用するようにしましょう。

ミノキシジルの使用方法

用法用量

塗るミノキシジルも飲むミノキシジルも、それぞれの基本的な用法用量を知っていなければなりません。
より効果を得るための用法、副作用を減らすための用法など、応用的な使い方はその後から。

まずは基本となる用法用量を確認していきましょう。

塗るミノキシジル編

塗るミノキシジルは文字通り頭皮に塗って使います。

・1日2回(朝・晩)
・1回約1ml
・直接頭皮に塗り込み、かるくマッサージ
・塗布後4時間は洗い流さない
・次の塗布までは12時間程度あける

1回1mlを朝・晩の2回頭皮に塗り込みます。
塗り込んだあとはかるめに頭皮のマッサージを行いましょう。

塗ったあとは成分が染みこむのを待つため、4時間は洗い流さないようにしてください。
次の塗布まで12時間程度あけて塗り込むようにしましょう。

塗り忘れがあった場合は、気づいた時にその日の分を塗ります。
1回塗り忘れた場合は、1回分を塗り込み次の塗布までは8時間程度あけるようにしましょう。
2回塗り忘れた場合は、次の日の塗布までに8時間程度時間があれば1回分だけ塗るようにしてください。

ミノキシジルの塗り方

頭皮に塗り込むといっても、ただ頭皮にミノキシジルをつけるだけでは十分な効果は得られません。
塗り込み方が悪ければ頭皮を傷つけてしまい、頭皮が炎症を起こしてかぶれてしまい、余計に抜け毛や薄毛が進行してしまうなんてことも。

そうならないためにも、ミノキシジルの塗布は優しくそして丁寧に行うようにしましょう。

▼ミノキシジルの塗り方▼
1.手にミノキシジル1ml(=10円玉大くらい)を出す。
2.抜け毛や薄毛が気になる箇所を重点的に、頭皮全体に塗っていく。
3.頭皮をマッサージしながら塗り込んでいく。
※この時、指先でやると爪で頭皮を傷つけてしまう場合があるため、指の腹を使ってマッサージしていきます。
ミノキシジルの塗り方
4.4時間程度洗い流さず、頭皮に染み込めばOK

飲むミノキシジル編

飲むミノキシジルは、錠剤タイプを服用して効果を得ます。

・1日2回(10mgは1回)
・1回1錠(~10mg)
・水またはぬるま湯で服用
・服用タイミングはいつでもOK
・次の服用までは12時間程度あける(10mgは24時間程度)

1回1錠(2.5~5mg)の服用を1日2回行います。
1日の摂取上限量は10mgと定められているため、ミノキシジルの含有量が10mgのものを服用する時は、1日1回1錠の服用となります。

食事の影響を受けないため、食前・食間・食後に関係なくいつでも服用可能
ただし次の服用を行うまでには12時間程度(10mgは24時間程度)あけなければいけません。

飲み忘れてしまった時は、気がついた時にその日の分を服用しましょう。
1錠服用し忘れていた場合は、1錠を服用して次の服用まで6時間程度あけます。
2錠服用し忘れていた場合は、次の日の分の服用時間までに6時間程度あいていれば1回分(1錠)だけ服用しましょう。

短期間で多くのミノキシジルを服用してしまうと、血管拡張・血流増加の効果で心臓に強い影響を与えてしまいます。
用法用量はきちんと守り服用するようにしてください。

ミノキシジルの効果を得るには時間厳守

同じ時間に飲む

ミノキシジルの効果を最大限に得るためには、血中のミノキシジルの濃度を一定にする必要があります。
そのため塗布する時間、服用する時間が大切になってきます。

塗る・飲むミノキシジルともに次の塗布・服用まで12時間程度あけなければなりません。
朝は顔を洗ったあとに夜はお風呂に入ったあとに塗る、朝は朝食を食べたあとに夜は夕食を食べたあとに飲むなど、塗る・飲むタイミングを決めておきましょう。

塗る・飲むをルーティン化することで、血中のミノキシジルの濃度を一定に保ち、また塗り忘れ・飲み忘れを事前に防げます。

血中濃度の一定化=同じ効果を常に得られる
12時間間隔で塗る・飲むタイミングを決めておく

ミノキシジルの効果は3~6ヵ月で出る!

効果が出るまでどのくらい?

ミノキシジルの臨床試験結果でもわかる通り、使いはじめて早い人で3カ月、遅い人でも6ヵ月ほどで効果を感じられます
効果が見られないからといってすぐにやめるのではなく、6カ月間使用するようにしましょう。

6ヵ月以上経っても効果が得られない場合は、ミノキシジルで対処できない原因である可能性があります。
そうなった場合は、医師の診察を受けるようにしてください。