ミノキシジルからの卒業!無事に行うための方法とは?

ミノキシジルからの卒業!無事に行うための方法とは?

ミノキシジルの服用を続けると、丈夫な毛髪が徐々に姿を現してきます。
最初のうちは、だんだんと生えてくるのに嬉しさや達成感などがわき上がってきますが、ある程度生えてくるとそれに満足してミノキシジルの使用をやめてしまう人がいます。
そういった人は、ミノキシジルの使用をやめてもすぐに再び抜け毛や薄毛が目立ってくるため後悔してしまうのです。

では、ミノキシジルは一生使用し続けないといけないのかというとそうではなく、きちんとした減薬・断薬の仕方を知っていれば、安全に使用をやめられるのです。

ミノキシジルの正しい使用量の減らし方ややめ方はどういったものなのでしょうか。

ミノキシジル使用から1年以上は待つ!

1年経ってから!

ミノキシジルを使用すると、早くて3カ月、遅くても6ヵ月ほどで髪の量が増えたり毛髪の状態が変わったりと、効果を実感できます。
人によっては1年もたたないうちに、面影もないほど丈夫な毛髪が手に入ります。
だからといって、「効果が得られた→使用をやめよう」としてはいけません。

ミノキシジルを使用すると栄養のある血液が毛髪へと巡回してきますが、栄養の浸透率は一気に上がるものではありません。
徐々に徐々に毛髪へと栄養が送られていくため、栄養の供給が安定するまでは1年ほどかかります。

供給が安定する前に使用をやめてしまうと、抜け毛や薄毛が再発してしまう可能性がぐんっとUPしてしまいます。
ノキシジルの使用をやめるときは、使用をはじめて1年以上たっていて、なおかつ効果をきちんと得られた後にしましょう。

・栄養供給が安定するまで待つ
・使用開始1年後かつ効果ありの時のみ服用中止が可能

ミノキシジルの減量・断薬の仕方

ゆっくりやるのだ!

ミノキシジルの使用を中止したり、使用する量を減らそうとしたりする時、やみくもにやってしまっては意味がありません。
抜け毛や薄毛が再発したり、場合によっては以前よりも弱い毛髪が生えてきたり毛髪が抜けやすくなったりしてしまいます。

そうならないためにも、断薬・減薬の仕方はとても重要。
どのように行えばいいのでしょうか。

一番やってはいけない方法として、使用をいきなりやめてしまったり、使用量を極端に減らしてしまったりということがあげられます。

ミノキシジルの断薬・減薬の仕方で正解なのは徐々に”行うということ。
ミノキシジルの使用頻度や使用量を徐々に減らしていくことで、極端な変化を体に感じさせず、しかし減った分をしっかり補ってもらうということが可能なのです。

減薬・断薬の仕方

量や頻度を減らす時に注意したいのが、減らした後にどれくらいの期間その量や頻度で服用または塗布を行うか。
目安としては、半年ほどは減らした量や頻度での服用・塗布を行いましょう

ミノキシジルの効果を実感できるのには、使用をはじめて6ヵ月ほどかかります。
それを踏まえて量や頻度を変更後は6月ほど様子をみて、異常がなければ再び量や頻度を減らすようにしましょう。

・徐々に使用量や使用頻度を減らしていく
・1度減らしたら半年ほどは様子を見る

減薬・断薬後、抜け毛や薄毛が再発したら?

ミノキシジルの使用量や使用頻度を減らして様子を見ると、必ずうまくいくかというとそうではありません。
人や状況によって、減らすことで今まで治まっていた抜け毛や薄毛の症状が出はじめてしまうことがあります。

そうなった場合は、すぐさま使用量・使用頻度をもとに戻して半年様子を見るようにしてください。

断薬後にも、老化などとともに抜け毛や薄毛が出てくる場合があります。
症状を食い止めたい場合は、再度ミノキシジルを使用するようにしましょう。

・抜け毛や薄毛の症状が出たら、使用量や使用頻度をもとに戻す
・断薬後、抜け毛や薄毛が再発したら再度ミノキシジルを使用する

ミノキシジルはやめてもフィナステリドはやめるべからず!

noと書かれた物を持った手

抜け毛や薄毛治療でとても効果があるのがミノキシジルフィンペシアの併用です。
併用して満足するほど質のいい毛髪が生えたあとは、ミノキシジルとフィンペシアの使用中止を考えるもの。

ミノキシジルは徐々に使用量や使用頻度を減らしていけば、使用をやめられますが、しかしフィンペシア髪質・毛量を確保したい場合は服用を続けていかなければいけません

ミノキシジルは血流をよくして栄養のある血液を毛髪へと運ぶ働きがありますが、これは生活習慣を見直したり食事に気を使ったりしても改善できます。
しかしフィンペシアは抜け毛や薄毛の原因である成分の働きを阻害する作用があり、そんなフィンペシアを摂取しなくなってしまえば、原因成分が働き、抜け毛や薄毛が進行していってしまうのです。

ミノキシジルの使用をやめてもフィナステリドの服用は続けるようにしましょう。

・ミノキシジルは栄養を運ぶ
・フィナステリドは原因成分の働きを阻害
・ミノキシジル中止○、フィナステリド中止×