ミノキシジルってどんなもの?通販で購入できるって本当?

このページでわかること
・ミノキシジルの購入場所
・ミノキシジルの値段
・ミノキシジルとは

薄毛や抜け毛といった若ハゲは、20代や30代の人にとっては死活問題。
リアップなどの育毛剤や発毛剤を使おうにも抵抗があります。
けれど、以前のようなふさふさ感を取り戻し、自分に自信を持って人前に出たいものです。

もう少し髪があれば商談がうまくいったかも、もう少し髪があれば気になるあの子とお近づきになれたかも。
大げさに感じますが実はこれ、あながち間違いではないんです。

人の第一印象は55%が見た目、38%が声、7%が話の内容で決まると言われています。
割合を見てもわかる通り、約半分が見た目で決まってしまうのです。

そうはいっても、なかなか自分の容姿の欠点と向き合うというのは難しいもの。
できるだけ隠そうとするのが人間の性です。
しかしそんなプライドを捨て、抜け毛や薄毛に向き合い、治療を考えはじめたあなたはとても勇気のある人。
それでもやはり堂々と治療を行うのはすこし気がひけるものですよね。

そこでオススメしたいのが、「ミノキシジル通販」です。
ミノキシジル通販は、きちんと効果の得られるミノキシジルを、人目を気にせず通販から購入できるため、あの頃の毛髪を手に入れたい!というあなたの気持に応えます。

ミノキシジルには2種類ある!

2種類のミノキシジル

実はミノキシジルとは成分名のこと。
ミノキシジルを有効成分に持っている薬は2種類にわけられます。

CMでもやっているような王道に塗るタイプの外用薬
まだ一般的には知られていないが効果は抜群な飲むタイプの内服薬

外用薬
・ミノキシジルを1~16%配合
・頭皮に直接つけて揉みこむ
ピンポイントでの治療が可能
内服薬
・ミノキシジルを2.5~10mg含有
・服用して使う
・体内から効果を表すため広範囲での治療が可能

できるだけ効果を得たいという人は内服薬がオススメ。
外用薬は外からミノキシジルを吸収するため、吸収できる量に限りがあります。
内服薬は体内に取り入れるため、含まれているほとんどのミノキシジルを吸収でき、外用薬と比較するとより効果が得られるのです。

副作用を抑えたいという人は外用薬がオススメ。
内服薬は効果が出やすい反面、副作用も出やすい傾向にあります。
外用薬はピンポイントで効果をあらわし、体内へと吸収するミノキシジルの量も少ないため、内服薬に比べて副作用が出にくい傾向にあるのです。

ミノキシジルは2種類ある
外用薬・・・頭皮に塗って使用する
内服薬・・・飲んで使用する

ミノキシジルは通販から購入可能!

スマホを触る指

ミノキシジルはそれぞれどこから購入できるのでしょうか。
購入方法は大きく4つにわけられます。

1.病院から処方してもらう
病院(皮膚科)やAGA専門のクリニックで診察を受け、医師から処方してもらいます。
処方してもらえるのは、外用薬内服薬の両方。

2.国内の通販サイトやドラッグストアから購入する
2016年に通販サイトからも一般用医薬品の販売が可能になったため、通販サイトとドラッグストアから購入します。
購入できるのは外用薬のみ

3.海外で購入して個人輸入する
旅行や出張のついで、または海外にいる知人に頼み、海外のドラッグストアなどで販売されているミノキシジルを購入します。
購入できるのは、外用薬内服薬の両方。

4.海外の通販サイトや代行通販サイトから個人輸入して購入する
海外の通販サイトや海外からの購入を代行して行ってくれる代行通販サイトから購入します。
購入できるのは、外用薬内服薬の両方。

それぞれの場所で購入できる薬は次のようになります。

外用薬 内服薬
病院
国内通販・ドラッグストア ×
海外(ドラッグストア)
海外通販・代行通販サイト

病院・国内・海外から購入できるミノキシジルの違いって?

病院から処方、国内から購入、海外から個人輸入できるミノキシジルにはそれぞれ違いがあります。

特徴
病院 医師の判断で輸入したミノキシジル
外用薬・・・ミノキシジル2~15%配合
内服薬・・・ミノキシジル2.5~5mg含有
国内 一般用医薬品のミノキシジル
外用薬・・・ミノキシジル1~5%配合
(リアップやスカルプDなど)
内服薬・・・なし
海外 国内では承認されていないミノキシジル
※効果・副作用が強いため未承認
外用薬・・・ミノキシジル2~16%配合
内服薬・・・ミノキシジル2.5~10mg含有

国内の通販やドラッグストアなどで購入できるミノキシジルは、一般用医薬品に分類されるもので、誰でも扱える医薬品です。
そのため、取り扱いがあるのはミノキシジルが1~5%含まれた副作用の出にくい外用薬のみ

病院では医療用医薬品が処方されますが、日本国内では医療用医薬品に分類される承認を受けたミノキシジルはありません。
そのため、医師の判断で輸入されたミノキシジルの外用薬や内服薬が処方されます。
これらは医療用医薬品レベルの効き目を持っています。

海外から個人輸入して購入するミノキシジルは、病院から処方されるミノキシジル同様に国内未承認のものばかりです。
病院で処方されている外用薬や内服薬から、国内では手に入らない外用薬や内服薬までさまざまなミノキシジルが購入できます。

国内通販やドラッグストア・・・一般用医薬品(外用薬のみ)
病院や海外・・・医療用医薬品レベル(外用薬と内服薬)

オススメは代行通販サイトからの購入

両方とも手に入れられるのは病院から処方してもらう場合か海外から個人輸入を行う場合のみ。
その中でもオススメなのが代行通販サイトを利用しての購入です。

病院から処方してもらう場合、医師から処方してもらうため安心ではありますが、知り合いに会ってしまう可能性があります。
そのため、誰にもバレずに治療を行いたいという場合はハイリスクとなってしまいます。

海外で直接購入して個人輸入する場合は、海外に行く機会もなければ、海外に知人がいない人は購入できないため、誰でも行えるとは言えません。
また例え購入できたとしても、個人輸入の手続きがあるため、手間を要してしまいます。

海外の通販サイトから個人輸入をして購入する場合は、その国の言語がわからなければなりません。
個人輸入の手続きはサイト側が行ってくれますが、言語がわからない場合は翻訳をしなければならないため、新たな手間が出てきてしまいます。

しかし、代行通販サイトを利用すると簡単に購入できます。
代行通販サイトは日本人向けに運営されているサイト。そのため、サイト内は日本語表記となっており、スムーズに購入できます。
個人輸入の手続きもサイト側が行ってくれるため、商品を注文して代金を払うだけで購入できるのです。

×院から処方→知り合いにバレてしまう可能性大。
×海外で直接購入→可能な人が限定的。個人輸入の手続きあり。
×海外通販サイト→個人輸入の手続きなし。言語が外国語。
代行通販サイト→個人輸入の手続きなし。言語は日本語。

外用薬・内服薬それぞれのお値段は?

いくら?

代行通販サイトから購入した方が、簡単にミノキシジルの外用薬や内服薬が手に入るとわかりました。

そこで気になるのがそのお値段。
代行通販サイトで手に入るミノキシジルは、それぞれどれくらいの価格なのでしょうか。

外用薬

ミノキシジル5% 60ml 合計
病院 薬代 :4,500~5,400円
診察代:無料~5,000円
4,500~10,400円
国内通販 薬代 :6,600~7,800円
送料 :無料~350円
6,600~8,150円
代行通販 薬代 :2,800~5,000円
送料 :無料~1,000円
2,800~6,000円

ミノキシジルが5%配合している60mlの外用薬だけで比較すると、国内通販は6,600~7,800円と一番高く、その次に病院が4,500~5,400円、一番安い代行通販では2,800~5,000円で購入できます。

内服薬

ミノキシジル5mg×30錠 合計
病院 薬代 :6,000~9,000円
診察代:無料~5,000円
6,000~14,000円
国内通販
代行通販 薬代 :1,100~6,000円
送料 :無料~1,000円
1,100~7,000円

ミノキシジルが5mg含有している内服薬30錠分だけで比較すると、国内通販には存在せず、病院では6,000~9,000円で処方してもらえるのに対し、代行通販サイトでは1,100~6,000円と病院より低価格で購入できます。

外用薬も内服薬も取り扱いの種類が多い代行通販から購入すると、病院や国内通販より安く手に入るのです。

(安い<高い)
外用薬・・・代行通販<病院≒国内通販
内服薬・・・代行通販<病院(取り扱いなし)国内通販
外用薬も内服薬も代行通販の方が安く手に入る

ミノキシジルってこんな薬

これぞミノキシジル!

薄毛や抜け毛に効果のあるミノキシジルはどういった薬なのでしょうか。

作用
血管を広げて血流をよくする

薄毛や抜け毛といった症状は、毛髪へと十分な栄養が行きとどかないことで起こってしまいます
しかしミノキシジルを服用すると、縮んでいた頭皮周辺の血管が広がり、栄養を含んだ血液が頭皮のすみずみまで行き渡ります。
すると、毛髪に十分な栄養が届くため、一本一本の毛が太くコシのある毛へと成長していくのです。

副作用
外用薬→頭皮のかゆみ
内服薬→低血圧、手足のむくみ、ED、ふらつきなど

外用薬は頭皮へと直接塗り込んで使用するため、頭皮に関する副作用が目立ちます。
内服薬は体内から作用するため、血管が拡張されて血流がよくなったことで起こる副作用が目立つのです。

外用薬を6ヵ月間塗布すると、50%の人が多少なりとも効果を感じられたという結果が出ています。1年間塗布すると、約90%の人が効果を実感

頭皮に塗るだけでも、ミノキシジルなら高確率で効果を得られます。
内服薬であればより効果が実感できるため、ミノキシジルは薄毛や抜け毛の治療にいいのです。

+プロペシアで効果UP!

ミノキシジルの使用だけでもある程度の効き目が得られますが、より効果を得たいという人にオススメなのがプロペシアをプラスすること。

ミノキシジルは血流をよくして栄養を毛髪へと運ぶ働きがあり、そうして毛を育てていきます。
プロペシアはAGAの根本であるヘアサイクルの乱れを正常に戻す働きがあり、AGAの進行を防いで今ある毛を守ります。

プロペシアでAGAを治療し、ミノキシジルで太くコシのある毛へと育てていけば、より理想の頭髪へと近づけるのです。

守りのプロペシア+攻めのミノキシジル=効果UP

あなたは一人じゃない!AGAは早めの治療を!

肩を組んでいる男性達

日本皮膚科学会ガイドラインによると、日本人の3人に1人がAGAだという報告がされています。
各年代でのAGAの発症率は20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%。
20代や30代だから大丈夫だとは言えず、20代や30代であっても薄毛や抜け毛がおき、若ハゲとなります。
AGAは男性なら誰でもなる可能性があるのです。

AGAは進行していく脱毛症であるため、早めに手を打っておかなければなりません。
毛が抜け落ち新しい毛が生えなくなった毛根は、時間が経てば経つほどその機能を失っていき、終いにはなにをしても毛が生えてこなくなります

生き生きとした毛を取り戻すためには、毛根が機能を保っている間にミノキシジを服用して、早めにAGAの治療を行うことをオススメします